CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
WARNING
ESCAPE ZONE



ORICON RANKING
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
SAVE・THE・FUTURE 「川の光」
前回の記事アニメ・川の光(2009年06月16日投稿)でも書いたが、世界観は「ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち」に近い。
短い時間に無理矢理凝縮してるので敢えなくカットされた場面が多い…。
直前のメイキング映像で監督がそうおっしゃっていたが、原作未読の私が観ていてもそれがよくわかった。
ドラマもアクシデントもあるが、何となくいい様に進む感じから、ターゲットや放送局に見合った無難でコンパクトな作品かと。
うさぎたちの話(DVD未発売)はアクシデントばかりだったが、短い時間ではあれが限界だろう。
個人的には出会いを減らして内容を濃くした方が好みではあるし、ラストも雪の中で―――。というのが理想だったが、充分よい作品だと思う。
深く知りたければ原作を読みましょうという感じか。

私自身が冷めているからか特にメッセージは伝わらず。
さすがに背景は目を引くものがあるし、声優も洋画畑がちらほら(役に合ってないけど)でおいしい内容だったが、一度観ればお腹いっぱいかな(笑)
| アニメ・か行 | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
アニメ・川の光
20日に放送される「川の光」の予告を観てすぐに思いついたのが、朝時代の衛星アニメ劇場でやっていた「ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち」

懐かしいのもあって《ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち、川の光》と検索をかけたら「川の光」の作者はこの作品を意識して作ったらしいことがわかり、なるほどなと納得した。
でも、意識して作ったなんて云われたら、内容想像ついちゃってつまんなくなるんですけど。

下手にググるものじゃないなと思った(苦笑)

あと、背景が無駄にきれいだなと思ったらこちらもなるほど納得だった。

藤原紀香ですか...何だか失笑です。

[追記記事] SAVE・THE・FUTURE 「川の光」レビュー
2009年06月20日投稿
| アニメ・か行 | 02:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
クロスゲーム 〜良くも悪くも『あだち節』

クロスゲーム(サーチ結果)


携帯の方はこちらから
Amazon.co.jp

絵に起こしやすいのか作画はキレイなのだが、投球フォームなどの動きのある場面になると突如微妙になる。もったいない。
アクション動画、見直すべきです!!!

無駄に長くなったので《続きを読む》へ分割。
続きを読む >>
| アニメ・か行 | 03:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Blu-ray Disc BOX 1

ハリウッド映画に近い感覚で楽しめるので、アニメに馴染みのない方も取っ付きやすいと思う。
作画が安定しないのが残念なのだが、アクション場面はさすがに圧倒される。
先に公開された「GHOST IN THE SHELL」も悪くないが、解りやすくなじみやすいのは本作。
スタイリッシュな音楽、洋画畑の渋い声優陣と、何をとってもクールでかっこいい。
短編をおりはさみながら、シリーズの核である「笑い男」に焦点をおいて物語は展開される。
彼に翻弄されつつ、もしかしたら有り得る近未来をたしなむのも悪くないのでは?

攻殻機動隊(サーチ結果)

携帯の方はこちらから
Amazon.co.jp

| アニメ・か行 | 20:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
銀魂・吉原炎上篇(第139話〜第146話)


過去の銀魂レビュー(04/29)

今までにないシリアスさとキレのある戦闘シーンはまるで別のアニメを見ているよう。
未だハイビジョン制作でない中にあって、他のジャンプアニメとは力の入れようがまるで違う(ように見える)。
規制の多い夕方という放送時間でよく頑張っている。
とはいえこの作品の魅力は、気の抜けるようなメロディとともに繰り広げられる制作サイドの自虐ネタやパロディという脱力系だと思うのだが、
たまにストーリー性のあるエピソードを持ってこられる(本気を出される)と参ってしまう。
はっちゃけるときははっちゃけ、キメるときはキメる。
コミカルとシリアスが絶妙に組み合わされたバランスの良さは、このアニメが一番だと思う。

さて、神威の声を担当された日野聡氏。個人的には好きな声優だが、合ってるかと云われれば首をかしげてしまう。
かといって、合ってないこともない気はする。
日野くんの持つ優しい声も、非情キャラな神威も、とても私好みであることは間違いないが(笑)
因みに原作は全くの未読である。



銀魂 シーズン其ノ参 10 [DVD]

2009年05月27日発売予定。
◇収録エピソード
第136話「己の居場所は己で作るものなり」
第137話「告白に自信のある男なんて99%いない」
第138話「時には昔の話をしようか」
第139話「財布は尻ポケットに入れるな」


銀魂 シーズン其ノ参 11 [DVD]

2009年06月24日発売予定。
◇収録エピソード
第140話「晴れの日に雨傘さす奴には御用心」
第141話「ケンカの横槍は危険」
第142話「人生は選択肢の連続」
第143話「四本足で立つのが獣、二本足と意地と見栄で立つのが男」


銀魂 シーズン其ノ参 12(完全生産限定版) [DVD]

未定(2009年07月22発売)
◇収録エピソード
第144話「寝物語は信用するな」
第145話「絆の色は十人十色」
第146話「昼間に飲む酒は一味違う」
第147話「全ての大人は全ての子供のインストラクター」

Amazonサーチ PC 携帯
| アニメ・か行 | 18:47 | comments(0) | trackbacks(2) |
銀魂(ぎんたま)〜アニメ版
レビューは「続きを読む」から↓↓


銀魂(ぎんたま)


携帯の方はこちらから
Amazon.co.jp


原作:空知英秋
連載:週刊少年ジャンプ(03年12月〜連載中)
シリーズ構成:大和屋暁
キャラクターデザイン:竹内進二
美術:野村裕樹
音楽:Audio Highs
音響監督:小林克良
アニメーション制作:サンライズ(第5スタジオ)
監督:高松信司→藤田陽一(第100話〜)
監修:高松信司(第106話〜)
放送局:テレビ東京系列
放送期間:06年04月〜シーズン其の参、放送中
キャスト:杉田智和、阪口大助、釘宮理恵ほか

私的評価:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆

銀魂・吉原炎上篇(第139話〜第146話)レビュー(04/29)

レビューはこちらから
続きを読む >>
| アニメ・か行 | 02:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |