CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
WARNING
ESCAPE ZONE



ORICON RANKING
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
アポロ13 −Apollo 13−

アポロ13 【プレミアム・ベスト・コレクション¥1800】 [DVD]

2009年07月08日発売

邦題:アポロ13
原題:Apollo 13
ジャンル:ノンフィクション、SF
脚本:ウィリアム・ブロイルスJr./アル・レイナート
美術:マイケル・コレンブリ
音楽:ジェームス・ホーナー
監督:ロン・ハワード
公開:1995年(米)
上映時間:140分
キャスト:トム・ハンクス/ケビン・ベーコン/ビル・パクストン/ゲイリー・シニーズ/エド・ハリスほか

あらすじ:
奇跡の生還を果たしたアポロ13号の真実を描いた感動ドラマ。月へ向けて打ち上げられたアポロ13号に爆発事故が発生。絶望的な状況の中、三人の乗組員の救出作戦が決行される。
(キネマ旬報社データベースより)

コメント:
窮地に立たされたクルーと、様々な発想の転換でそれを救おうとする管制スタッフ。とても実際の出来事とは思えない究極がこのドラマにはある。
まさに手に汗握る展開で、生還した事実が分かった上で視聴しているにも関わらず、画面上からは並々ならぬ緊張感が伝わってくるのだ。
やや長めの上映時間も観てみれば過ぎ行くのはあっという間。多少エンターテイメント性はプラスしているものの、ほぼ忠実な再現にこだわった監督の演出力にはただただ脱帽の一言。

クルーの気持ちを考えると大変無念ではあるが、月へ降り立つよりも更に上を行く感動は人を選ばないはず。奇跡が起きたのではなく、彼らの努力が悲劇を食い止めたのだから。
中継などを見ると何気に宙を飛んでるようだが、その裏側では常に死と隣り合わせだという真実、そしてそんな彼らの死闘振りに色んなことを感じ取ってほしい。

私的評価:★★★★★
オススメ度:★★★★★

Amazonサーチ PC 携帯
| 映画・あ行 | 01:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
オーロラの彼方へ −Frequency−

オーロラの彼方へ


携帯の方はこちらから
Amazon.co.jp

邦題:オーロラの彼方へ
原題:Frequency
ジャンル:サスペンス
脚本:トビー・エメリッヒ
音楽:マイケル・ケイメン
監督:グレゴリー・ホブリット
公開:2000年(米)
上映時間:117分
キャスト:ジム・カヴィーゼル、デニス・クウェイドほか

あらすじ:
30年の時を越えた“声のタイムトラベル”で結ばれる親子の絆を描いた、デニス・クウェイド、ジム・カヴィーゼル競演で贈る傑作SFファンタジー・サスペンス。
(オリコンデータベースより)

コメント:
アクション、ファンタジー、サスペンス、ヒューマンの要素を兼ね備えた贅沢作。
おいしいとこ取りでジャンル分けが難しい作品は、とかく失敗におちいりがちだが、
その鬼門を上手く打ち破った内容の深さで魅了された。
ラストまでよい形で引っ張っておいて結局堕ちてしまう残念な作品をたくさん観ていたため、
大きな期待をせずに気楽に観ていたつもりが、途中から息を飲みながら前のめりになり、
ラストでは別の意味で落とされるという、非常に満たされた作品だったのだが…。
Amazon内で検索をかけると、Blu-ray発売はおろか、既存DVDの新品ストックさえ全くないことに驚き。
隠れた名作ということか?

私的評価:★★★★★
オススメ度:★★★★★
| 映画・あ行 | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |